Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

内閣府所管 企業主導型保育園

八王子市高倉町の保育園ぽかぽか保育園 042-649-5339

ぽかぽか日記

2019.10.21週明けの外遊び♪

ぽかぽか日記

先週末も今週もお天気が不安定🌧☀☂

今日はどうかな…?と朝の会で子ども達と毎日確認。

「今日は雨降っていないね!」「雲がいっぱいだから曇りだね☁」

最近、お外の天気と天気の名前が一致して来ている子ども達です😄

 

今日は旭が丘北公園に行って来ました。

どんより曇り空ですが、子ども達は元気いっぱい☆

さぁ!公園に着いてすぐあーそぼっと!

ボールを砂場にころころころ…

待て待て待て~ぎゅっ!捕まえた♡

今日は砂場DAY🎵

アイスやジュースなど子どもの想像力を膨らまして、夢中になって取り組みます!

アイスが落ちないようにそーっとコーンの上にのせたよ🍧

「僕も出来たよ!何味のアイスにしようかなぁ?」

アイスの出来栄えをうっとり見つめていました♡

下の写真のお友達が持っているのは粉洗剤のスプーン🥄

このあとお兄さんがアイスを作っているのを見て、スプーンに砂を詰めて四角いアイスが完成🍧

「もなかみたいだね(笑)」「氷みたい!」と先生から色んなコメントを貰って大喜びでした♡

砂遊びは手先が器用になったり、創造性が豊かになるそうです。

より砂遊びで子どもの成長をアップさせるには、大人の関わり方もとても大事✨

私達保育士が日頃心がけていることをこの場をお借りして少しお話しさせていただきます!

まずは「感覚を共有すること」です!
手に砂をかけるなど、子どもにいろいろな心地よい刺激を与えながら、「サラサラの砂が気持ちいいね」と感覚遊びをすることが効果的なのだとか。「心地よいね、気持ちいいね」と親子で “共感体験” するような声かけが、子どもの創造力を育みます。

次に「ポジティブな声掛けをすること」です!
山や泥団子を作るときは、どうしたらきれいな丸の形になるかな?」と子どもと大人でで試行錯誤してみるのも手です。作りたいものをどうやって作るか、ああでもないこうでもないと考えているとき、子どもたちの集中力は鍛えられているのです。完成したときは、ぜひ「おいしそうだね~!」など、ポジティブな感想を伝えてあげてください。

大切なのは、大人が子どもに共感しながら、ポジティブな声かけをすること。それがあると、子どもは砂場遊びによりよいイメージを抱き、積極的に遊ぶようになります。

是非ご家庭で遊ぶ時に少し気にかけるだけで変わるので試してみてくださいね!

みんなとってもいい表情( *´艸`)

お外はやっぱり楽しいよね☆

明日も天気が怪しいみたいだけれどお外に行けると良いなぁ\(^o^)/

pagetop